書庫たん

「短歌と短剣」探検譚 の書評詰め合わせ


記述者
青木レフ
短歌よみ です

閉じられた本が再び開くこと。「私を読んで」君が目を向け、
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ABC殺人事件」 | main | 「メシアの処方箋」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
「宇宙の果てまで」
「宇宙の果てまで」 小平桂一 (図書館)を読む。
日本国外に世界一の望遠鏡を造る国家プロジェクトの実話。科学者(小平アネット桂子の父)の著書。

何故日本の施設を海外に造るかというと望遠鏡が高額の為、観測条件の良い場所に造らないともったいないおばけが出るから。

技術的な話に頭がついていけなかったが面白かった。もっと図解や写真を挿入してくれれば良いのに。

科学の大型計画を議会で説明する科学者

(米)

「この計画は我が国の防衛に役立ちますか」

「いいえ、防衛には役立ちません。しかし、防衛に値する国にするのに大いに役立ちます」

(日)

「どうして我が国で造らなくてはならないのですか。外国のを使わせてもらえば良いでしょう」

「カラヤンのCDが買えれば、日本にはオーケストラが無くてもよいのでしょうか」

また

「どうして来年から予算が要るのですか。光が飛んで150億年かかる宇宙の果てを探るのに、10年や20年待てないんですか」と。これは意地悪な質問だ。

望遠鏡の名前は「すばる」か「みらい」が有力候補だったが「みらい」では いつまでも予算がつかないみたいだと敬遠されて「すばる」になったとのこと。

すばる望遠鏡HP

http://subarutelescope.org/j_index.html

ドームを回し 望遠鏡を 星に向け 人類が一度だけ見る 今夜のこの星

↑の短歌は本書の10頁にある文章を継ぎはぎして作りました。リミックスしただけでオリジナル部分は無い短歌変換です。

ところでこのサイトのメインコンテンツは短歌です。→ポチっとな
Posted by 青木レフ
Category : その他1(小説以外)
2 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
通りすがりですが、
小平先生の著書名は「宇宙の果てまで」だったと思います。
2007/06/10(Sun) posted by BlueGene
ご指摘のとおりでした。
遅めの修正となった事をお詫びいたします。
ご指摘ありがとうございました。
2007/06/14(Thu) posted by レフ
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://perfectspell.jugem.jp/trackback/301
トラックバック
「アイシンクアンシン」詞曲:若干P(stonkさん)  歌:初音ミク
Categories
TOP
Archive
Search