書庫たん

「短歌と短剣」探検譚 の書評詰め合わせ


記述者
青木レフ
短歌よみ です

閉じられた本が再び開くこと。「私を読んで」君が目を向け、
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「紅」 | main | 「ブライトライツ・ホーリーランド」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
「絶望! 佐川急便に明日はない!」
「絶望! 佐川急便に明日はない!」佐川清ほか(図書館)を読む。ある意味面白い。
JUGEMテーマ:読書



佐川急便の創業者、佐川清が退陣後に幹部を告発する本。1999年出版。佐川清が書いたのではないという形式、一応。

佐川清は"ドライバーに高報酬を与える事が正義"という考えのようだ。佐川急便に事務職員が増えすぎていると嘆く。月給110万円が40万円になってしまってはドライバーがクロネコヤマトに逃げ出してしまう、との事。

佐川清サイドが書いた本であり、腐敗した幹部と正しい佐川清という構図だが、なんというか荒唐無稽な社内闘争で「銀と金」7巻や「ゼウスガーデン衰亡史」を思い出した。

主管店社長(幹部)の退職金が一律8億6000万円である事を佐川清は糾弾する。辞任状況*4に関わらず8億6000万円なのは成程 会社を食い物にしてるのかもしれないが、別の頁には佐川清が「佐川マンが野球をする場所がない」と自前の球場を36億円で造る話を聞くと何だかなーと思ってしまう。ドライバー思いなのかもしれないが。

そもそも佐川清が金に大雑把すぎるのではないか。

・会社がフェスティバルに出した協賛金1億7000万円を相手先から「いえ、1億しか頂いてませんが…」と言われて発覚する社内の着服

・地方公共団体に「老人ホームを建てるので」と言われて、言うなりにドンドン佐川清個人で寄付を続け*6、受け手の地方公共団体が腐敗してしまった

この辺は金を出す側のいい加減さがあるのではないかと思う。

『会社が幹部に多額の報酬を渡すのは、その金でドライバーの面倒を見させる為』論理も理解しにくい。全然面倒を見ずに着服していると佐川清は嘆くが、素直に別予算(社内交際費?)を計上した方が目的に適うのではあるまいか。

以下、佐川清vs地方幹部の抗争でちょっと信じ難いエピソード。

元々、佐川急便では 荷物の発送店が3割・路線に3割・到着店に3割・本部が1割という取り分だったという。

或る幹部にシステムを任せてたら、いつの間にか発送店/到着店に37%・路線に32%になってて、本部がマイナス6%となり、毎月足りない分を本社が吐き出していたとの事。これは凄い。

.

殺伐としたエピソードが続いたのでちょっといい話。

佐川清語るに

「暴走族あがりでイキのいいドライバーもずいぶん入ってくる。やはり元暴走族で鍛えているから運転が上手い。それに若い頃からケンカの修羅場を潜ってきているからなのか、人情の機微というか、人の痛みや苦しみをわかる男たちが多かった。それでつい 行き過ぎてスピード違反で捕まる事なんか日常茶飯事ですよ。それで経理の真面目タイプの男が言うんです。

『会長、警察からスピード違反が多すぎると文句がきています』とか。まるでボケたことばかり言うから

『バカ野郎、スピード違反しないドライバーに仕事ができるか。スピード出すからお前の月給も高いんだ!!』」

スピード違反の話になると佐川清の顔がほころぶのだった。

別に いい話でもないか。
.
ところでこのサイトのメインコンテンツは短歌です。→ポチっとな
Posted by 青木レフ
Category : その他1(小説以外)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://perfectspell.jugem.jp/trackback/671
トラックバック
驚愕!佐川急便係長自殺、課長代理の「パワハラ」に労災申請の情報
「われいらん」ゆわれ、佐川急便の係長が自殺し、課長代理の「パワハラ」に労災申請がされたようじゃ・・・...
| 霊長類の書く日記 | 2009/07/01 9:18 AM |
「アイシンクアンシン」詞曲:若干P(stonkさん)  歌:初音ミク
Categories
TOP
Archive
Search