書庫たん

「短歌と短剣」探検譚 の書評詰め合わせ


記述者
青木レフ
短歌よみ です

閉じられた本が再び開くこと。「私を読んで」君が目を向け、
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「宇宙からオーロラは見えるの?」 | main | 「ヴァルプルギスの後悔」3巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
JUGEMテーマ:読書

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」入間人間 (古本)を読む。面白い。
第13回電撃小説大賞応募作品。特に賞は無し。来年、新人監督で実写映画化。

リカバリもの。ラノベの非日常部分は"犯罪"。主な登場人物は高校生。

なんとなく名前は知ってたけど、こんなに面白いとは思わなかった。西尾維新フォロワーというか、西尾維新アドバンスドというか。

冒頭引用↓

光がこわかった。

外からの光が入ると、いっしょにたくさんのこわさがやってくる。

だけどおなかがすいているから、まちどおしいとも少し思ってしまう。

「おなかすいた」

「……うん」

「ごはん、まだかな」

「夜にならないと、もらえないよ」

「……でも、ずっとここにいると、夜がいつかわかんない」

「……外が早く夜になるといいね」

それからは、何もしゃべらなかった。

おなかをすかして、

まっくらな目の前をジッと、ジッと、ジッと見つめて。

そして、光がぼくたちをてらした。
(引用おわり)

順番からいうと道真のほうが先なのだろう。犯人と断定した。その後でマユの確認。

そう思うのは、マユと接触してからは拘束されて探偵できないから。

マユも道真も主人公には或る意味同じ(親が彼らを誘拐をした)なので、道真を殺す意志は最初から無かったと考える。主人公は関係性に溺めとられて動いているから。

章の冒頭は現在の誘拐と推定。4章で親についての言及があるので。

読後、1番の疑問点は212頁「計5名」の箇所。誘拐犯共は主人公の両親で2名だと思うのだが、道真がいない。道真を入れて計6名のはずなんだが。単に視界にいないだけで、既に道真は部屋の外なりに逃げたという事だろうか。マユが誘拐犯(父)を殺せたのは まあいいや。

殺人犯は誰か? 誘拐された兄妹は助かるのか? の2点が この小説を引っ張る駆動力だが、最後までよく働いて面白かった。あと何となくエロい。

難を言えば、主人公と大人の会話、特に奈月との会話に不安感。少し痛い。

カバー裏も凝ってる。
Posted by 青木レフ
Category : あ行(入間人間)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://perfectspell.jugem.jp/trackback/718
トラックバック
「アイシンクアンシン」詞曲:若干P(stonkさん)  歌:初音ミク
Categories
TOP
Archive
Search